高速入力可能なゲーミングキーボード「Huntsman TE」をFPSゲーマーがレビューしてみた

umi
thumbnail

皆さんは普段どんなキーボードを使用しているだろうか。
FPSゲームをよくプレイするなら、快適なプレイのためにゲーミングキーボードは欠かせない存在だ。

筆者はゲーム用途でRazer Blackwidow Green Switchを4年程使用していたが、さすがに新しいものに買い替えたくなり、テンキーレスかつ打鍵音が静かで高速入力可能なキーボード探していた。
筆者が調べたところ、同じくRazer社のRazer Huntsman Tournament Edition Linear Optical Switchがこの条件に一番近かったため、今から2週間ほど前に購入。
使用感などが分かってきたのでレビューしていきたいと思う。

まずはこのキーボードに採用されている「軸」、Linear Optical Switchのスペックを振り返っていきたい。

キーボードの使用感は、ざっくり言うと下の3項目で決まる。

  • アクチュエーションポイント キーが入力されたと判断する深さ
  • キーストローク キーを入力した際の最大の深さ
  • 押下圧 キーを入力するのに必要な力

他の軸と比較した表がこちらだ。

アクチュエーションポイントキーストローク押下圧
Linear Optical Switch1mm3.5mm40g
Clicky Optical Switch1.5mm3.5mm45g
Green Switch1.9 mm4.0mm50g
Orange Switch1.9 mm4.0mm45g

いかがだろうか。
Linear Optical Switchがずば抜けて素早いキーであるという事が分かると思う。
筆者は軸のスペックを比較した時に、これ以外選択肢が無いと思った。
しかし、使用していくうちに「高速入力が可能=最高の使用感」では無いと言う現実も突き付けられた。

次に、Razer Huntsman Tournament Edition Linear Optical Switchの気になった点を上げて行こうと思う。

シンプルでカッコいいデザイン

本体がアルミでひんやり・ずっしりで高級感がある。
無駄な調節バーや出っ張りが無く、ロゴも目立たない位置にある。
使用されているフォントもシンプルな書体でカッコ良く、高級感があり、所持欲が満たされる。
今後、これを超えるデザインが出るのか心配になる。(筆者談)

サラサラしたキーの感触

キーの表面はサラサラしており、キーに触れているのが分かりやすく、指紋も付きにくい。
とにかく感触が良く、思わず触れたくなる魅力がある。

程よいキーの間隔

狭すぎず、広すぎず、丁度良い感覚で入力しやすくなっている。
Razer Blackwidowはキーの間隔が少し広く、使用していると疲れやすく感じた。

何時間入力しても疲れない

軽く触れただけで入力出来てしまうので、指に力を入れる必要がない。
私は1日8時間程キーボードに触れるが、指が疲れることが無くなった。
先ほど述べたキーの間隔が丁度良いのも、影響しているのだろう。

静かな打鍵音

青軸やRazer緑軸に比べると圧倒的に静か。
しかし無音という訳ではなく赤軸よりはうるさい印象だが、打鍵音が通話などに入り込むと言った事も減ったため問題ない。

アクチュエーションポイント1mmの高速入力は賛否が分かれる

押下圧が40gなのもあって、スペースキーに指を置いておくだけで文字入力されてしまう。
2週間ほど使用しているため、最初に比べ誤入力は減ってきたが、それでもスペースーキー等の誤入力が発生してしまう。
更にゲームにおいては、WASDを使用した移動は快適になったが、QEF等の隣接したキーを誤入力してしまう事態が多くなってしまった。
例えば、Apex Legends等においては敵の目の前で、Q(アビリティ)を誤入力、銃を構えられず無防備になってしまいやられてしまう。
スペースキーの誤入力も同様に、ジャンプするべきではない局面でジャンプしてしまい、エイムがブレてしまうと言った事も多発するよう。
長期の使用期間を経て、キーボードのポジションを改善すれば、使いこなせる事も可能かもしれない。
その時は最強のゲーミングキーボードになる事は間違いないだろう。

実はRazer Huntsman TEのLinear Optical Switchは世代遅れ

2020年7月にRazer Huntsman Mini Linear Optical Switchが発表された。
その際にLinear Optical Switchの仕様が変更されたのはご存じだろうか。

アクチュエーションポイントキーストローク押下圧
Linear Optical Switch 1st Gen1mm3.5mm40g
Linear Optical Switch 2nd Gen1.2mm3.5mm48g

なんと、アクチュエーションポイントが0.2mm深くなり押下圧が8gも大きくなったのだ。
もはや改良というより、別の軸ではないかと思わせる大胆な変更っぷり。
やはり1st Genの仕様はキー入力が軽すぎたのだろうか?
残念ながら2020年11月11日現在、2nd Gen仕様のLinear Optical SwitchはRazer Huntsman Miniのみの販売となっている。
Razer Huntsman Tournament Editionの2nd Genの発表が待たれるところだ。

まとめ

Razer Huntsman Tournament Editionは間違いなく高品質なゲーミングキーボードだ。
しかし速さを求め過ぎた結果、誤入力を恐れ慎重に入力、素早さとは正反対な意識を持ちながらキーを入力するようになってしまった。
まだ2週間という期間だからフィットしないのだろうか。
これからも使い続けてみて、調査していきたいと思う。

普段から誤入力が少ないという方や、スペースーキーに指を置かないポジションの方、最高のスピードを求めている方は一度試してみてはいかがだろうか。