【リフロー】ESP32-CAM を技適対応に改造して使ってみたよ

Arai
thumbnail

Wi-Fiを搭載していて小型のマイコンモジュール「ESP32」のシリーズの中で、カメラを誰でも扱いやすくした「ESP32-CAM」があります。
カメラとSDカードスロット付きで、サンプルコードも存在しており簡単にWebカメラもどきを作ることが出来るボードになっています。

ESP32-CAMに載っているのは「ESP32-S」。
同型番のモジュールは、日本国内ではAi-Tinkerが工事設計認証を取得しており、技適検索サイトでも確認することが出来ます。
https://www.tele.soumu.go.jp/giteki/SearchServlet?pageID=jk01&FOM=ESP32&RAD=00-00-00-00&TEC=1&TEC=2&TEC=3&TEC=4&TEC=5&TEC=6&TEC=7&SK=0&DC=0&SC=21#searchlist

ただし、今回購入したモジュールには技適表示がありません。
数百円で購入できて面白いガジェットなのですが、残念なことにこのまま日本国内で電源を入れることが出来ません。
一応、総務省の「技適未取得機器を用いた実験等の特例制度」を利用すれば国内でも使用できますが、申請も管理も面倒な上、有効期間が決まっています。

技適表示がしっかりされているのは秋月電子などで販売されているESP32-WROOM-32E、32D、02などのモデルのみです。

ESP32-CAM自体はかなり面白いと思うので、なんとかして国内で使うことにしました。

https://www.tele.soumu.go.jp/j/sys/others/exp-sp/


技適がないならあるやつに変えてしまおう

なんのことはありません。
技適がなければある物に交換してしまえば良いのです。
ESP32-Sと、32Eなどは、ピン数とピンアサイン、サイズも全く同じなので、そのまま付け替えることが可能です。

カプトンテープは熱伝導率が高いので、なるべく部品にくっつけないように貼り付けます。
後で剥がすとき、「部品も一緒に外れた〜」なんてことになってしまいます。

元々載っていたチップは早々にヒートガンで剥がしてしまいます。
もったいないですが、仕方ありません。
リフローにはホットプレートや、アイロンを使った方法もあり、こちらのほうが楽なのですが、このボードは両面実装なので、ヒートガンしか使えません。

ちなみに安物のヒートガンを使うのはおすすめしません。
筆者が初めて買った数千円の安物は、風量があまりに強すぎて、小さいチップ部品が吹っ飛んで行ってしまって使い物になりませんでした。
後で付け直すのが難しい・・のはまだ良い方で、飛んでいった部品が見つからないということになるので、マキタのヒートガンがおすすめです。



そして32Eにリフローした完成品がこれ。

ESP32-WROOM-32E を載せ替えたもの

Arduino IDE から正しく認識されていればOKです。
こうなれば後は心置きなく使用できます。

ちなみにESP32-Eは安心の秋月電子から購入したもの。

おまけ

散っていった基盤たち。(使えそうな実装部品は後でスタッフがいただきました)

リフローが難しいことは以前より知っていたので、沢山買っておいて正解でした。

ESP32IoTのおすすめ記事