月額基本料0円で電話番号が持てる「SMARTalk」をiPhoneで使ってみた

情報が古くなっている場合があります。
thumbnail

最近、楽天モバイルLINEモバイルなど、低価格なMVNO回線を広く見かけるようになりましたよね。

通話付きで2GBの容量で1,480円/月のプラン(楽天モバイル)があったり、au、docomoなどと比べるとかなりリーズナブルで、学生でも気軽にスマホを持てちゃいます。

 

通話なしのデータ専用プランだとさらに安く、1GBで480円/月のプラン(DMMモバイル)もあるので、極限まで安くしたいなら通話はカットしたいところ。

周りの人とはLINEで無料通話ができる時代ですし、ぶっちゃけ自分のスマホの電話なんて月に使うか使わないかぐらいって人も多いんじゃないでしょうか。

でも電話番号が無いと、何かの申込みの時や、書類を書くときなどに不便になってしまうので、使わないけど電話番号ぐらいは一応持っておきたい・・という時のために「電話番号付き」の通話アプリが無いか調査してみることに。

 

月額基本料0円で電話番号付きの通話アプリがあった

調べてみると、「SMARTalk」というサービスがありました。

初期費用・月額基本料が0円で、050の電話番号が割り当てられます。

通話料は一律8円/30秒、国際通話も可能で、SMARTalk同士や一部の050番号あては通話料が無料になります。

 

普段あまり使わないのに月額基本料を支払うのはもったいという人に、使った分だけ払うこのサービスはまさにぴったりです。

あと気になるのは通話品質とアプリの出来ですが、とりあえず入れてみることにしました。

 

050番号って何?090とかと何が違う?

050の番号は全てIP電話と呼ばれるものです。090・080などの番号は電話回線を使うのに対し、050はネット回線を経由して通話を行います。

そのためネット回線が混雑していたり、容量制限がかかっていたりすると通話が遅れて届いたり、途切れて聞こえる可能性があります。

また、0120で始まる番号や、110・119などの番号にかけることは出来ないので注意が必要です。(電話を受けることは出来ます。)

 

SMARTalkアプリをiPhoneに入れてみた

公式サイトでユーザー登録し、iPhoneにアプリをインストールして設定を行うと、受信可能な状態になります。

アプリの方にも設定情報を入力する必要があるので少し面倒ですが、タダなので仕方がありません。

 

とりあえず受信可能な状態にはなったので、他の電話からSMARTalkの番号にかけてみます。

おー!すごい。ちゃんとかかってきました(あたりまえか)。

※ちなみに初回だと「マイクへのアクセスを許可しますか?」と表示されることがあるので、いざという時のためにテスト通話はしておいたほうがよさそうです。

 

Q.音声品質は?

自宅のWi-Fiの近くで使った感じでは、通常の電話回線と変わらないぐらいキレイでした。

ただ、家のWi-Fiを使用したとしても電波状態の悪い箇所では、通話品質が低下したり、通話先によっては「お声が遠いようで・・」と言われてしまったことがありました。

ネット回線の影響をかなり受けるので、この点には注意が必要かもしれません。

 

 

Q.アプリの出来は?

画面サイズ的にiPhoneXには対応していないようですが、これといって問題なく動作しました。

とりあえず今のところはバグったりしてないので大丈夫。

 

数年前と比較するとだいぶ良くなっている

思ったより普通に使用できました。筆者は050系のサービスには通話品質が悪いとか、アプリ起動が面倒とかネガティブな思い出しか無いので正直驚きました。

 

ネットを見ると、「プッシュ通知が来ない」、「アプリを起動していないと着信できない」というレビューを見かけましたが、SMARTalkアプリを終了してiPhoneを再起動して画面ロックしたあとでも、当環境では問題なくプッシュ通知が来ました。

他にもiPhoneの仕様の「着信のバイブレーションが1回しか動かない」という問題も無く(アップデートで変わった?)、着信中はずっとバイブレーションしたのでこれも安心です。

 

※環境によって変わるかもしれないので、必ず運用前にチェックしてください。CLAYPIERでは発生した損害について一切の責任を負いません。

 

ここがデメリット?注意することなど

・少しでも低速な回線だと通話しにくい可能性があります。

・0120などのフリーダイヤル、110・119などの番号には発信できません。

・長期間の利用が無い(12ヶ月間利用料の請求が無い)場合、サービス契約を解除される場合があるので注意してください。

・必ず実運用する前に、電話の発信/着信や音声品質のテストすることをおすすめします。

 

SMARTalk公式サイト

SMARTalk公式サイトへ行く