人工知能が架空の二次元キャラを生成してくれる「MakeGirlsMoe」

thumbnail

 

AIで二次元キャラが作れちゃうサービス「MakeGirlsMoe」を使えば、自分だけの二次元キャラが生成できます。

やり方はPCやスマホから公式サイトにアクセスして、「生成」ボタンを押すだけ。

 

完全ランダムのほかに、髪の色やメガネの有無など、さまざまなパラメータが設定することもできます。

試しにすべてランダムで生成してみたキャラクターがこちら。

 

まるでライトノベルの表紙を飾っていそうなキャラクターが生成されました。

 

好みのパラメータを設定してみよう

設定では「髪の毛の色」や「リボン」、「メガネ」の有無などをオンオフすることができます。

 

ちなみに上記設定でためしてみると、このような画像が生成されました。

どうやら、帽子はリボンっぽくなる場合もあるようです。

 

設定の中にある「絵柄」は、試してみたところ、絵柄の年代を指定できるようで、左に行くほど古い絵柄になります。

ためしにノイズを固定して、絵柄を左いっぱいまで設定したもの(上)と、右いっぱいまで設定したもの(下)を生成して比較してみました。

右まで設定したものの方が、絵柄のタッチが新しいことが分かります。

 

ある程度顔が整ったノイズが出現したら、固定してパラメータのみををいじってみるのも良いかもしれません。