【レビュー】ZONeシリーズに果汁系フレーバー参戦! パッケージがかわいい「ZONe Utopia ver.1.0.0」

umi
thumbnail

2月16日に「ZONe Utopia」が発売されました。
ZONeシリーズは、メロンソーダ風味の「FIREWALL」やカルピス風味の「DEEP DIVE」と、他では味わえない独自のフレーバーの販売しているシリーズが多いのでワクワクします。
さっそく開封してレビューしていきたいと思います。

ZONe Utopia ver.1.0.0

内容量500ml
価格190円(税抜)
成分(500ml当たり)アルギニン 500mg パラチノース5.0g カフェイン 75mg

まず目に入るのが、この可愛いらしいグラデーションのパッケージのデザイン!
スタイリッシュなデザインが多いエナジードリンクの中でこのパッケージは目立ちそう。
特にピンク色が目立ち、甘い桃の味がしそうと筆者は想像してしまいました。

ピンク色の液体で甘そう。

香り

南国のトロピカル系フルーツの甘くて良い香りがします。
缶一本で部屋の匂いが甘くなりそうなくらい香りそう。

飲むと直ぐに甘さが支配して、次に果汁のフルーツ感がやってきます。
甘くて美味しい!
りんご・もも・オレンジの果汁が17%使用されているとの事ですが、もも7オレンジ3くらいの比率でりんごっぽさは感じられませんでした。
微炭酸で酸味がほんのちょっと奥に感じられる程度でグビグビ飲めてしまいます。
Monster Energyのパイプラインパンチと似た系統の味ですが、Utopiaの方が優しくて飲みやすい印象です。
エナジードリンク特有のパンチ感はなくてジュース感覚で飲めてしまいます。


まとめ

甘くて飲みやすい新しいZONeシリーズを感じられました。
見た目も個人的に可愛くて好きで、また買ってみたいと思いました。
味のクオリティをしっかり保ちつつ、値段は他社と同等の190円台なのに500mlと大容量なので、これから人気がでるシリーズではないでしょうか。
成分的にもしっかりエナジードリンクしていると思います。
しかし、エナジードリンクのパンチ感とかシュワシュワ感とかは一切ないので、そこは注意して下さい。


また飲みたい

評価 :4/5。