メルカリで出品されてる「AirPods Pro」は偽物かも!?本物と見分ける方法は?

claypier
thumbnail

メルカリなどのオークションサイトで、新品未開封の AirPods Pro が安く大量に出品されているのを見かけられた方も多いのではないだろうか。
価格は大体20,000円~28,000円程度で、Apple Store や家電量販店から購入するよりも大幅に安い。

Apple Store 公式の価格は税込み3万円程度

売られている製品のモデルナンバーを調べると、海外モデルのものが多く、並行輸入品だから安い。と言うのが理由だろう。
最近では、オークションサイトが独自にクーポンを配布していることも多いため、運が良ければさらにお得に買えるのも魅力だ。

しかし、本物に紛れて偽物も多く出回っており、外見からは区別ができないものも増え始めている。
この記事では、不幸にも AirPods Pro の偽物を買ってしまった人から偽物のサンプルを譲っていただけたので、偽物と本物の比較をお届けする。
これから購入を考えている人や、すでに買った AirPods Pro が偽物かどうか判別したい人の参考になれば幸いだ。

偽物と本物を比較してみよう

外見は殆ど同じだが、左が偽物で、右が本物である。

まずは、「偽物」と「家電量販店で購入した本物」を並べてみた。
今回入手した偽物は海外モデル、つまり並行輸入品として売られているモデルのコピーなので、日本国内版とはシールの表記が異なっている。
それ以外は、ほとんど同じにしか見えない。

左)偽物 – 本物(右

この偽物は似せてはいるものの、所々に粗さが目立つ。
一番ひどいのはこのシール部分だ。
よく読むと「互換性がめります」「ンフトウェア」など、日本語の表記が明らかにおかしい。

もし、この部分を購入前に見ることが出来ていたら、すぐに気が付くことが出来ただろう。
幸い、今回入手した偽物は現物を見ればすぐ気づくことが出来るレベルだが、もっと精巧な偽物は見分けがつかない可能性は十分にある。
過去の検証「メルカリで売ってる Lightning ケーブルは偽物なのか?純正品と比較してみた結果」では、外箱や説明書に日本語のおかしな部分は全くなかった。

オークションなどで購入する場合、事前に現物を見ることはできないが、最低限シリアルナンバーは確認しておきたい。
製品の保証状況とサービス期間を確認する – Apple サポート
このページでシリアルナンバーを入れて、「AirPods Pro with Wireless Charging Case」と出ればひとまずOKだ。
新品未開封なら「購入日が未確認です」と表示され、中古なら「購入日:確認済み」と表示される。

この偽物にも一応シリアルナンバーの表記があるが、入力すると「交換品」と表示される。
正しいかどうか確認するにはわざわざ問い合わせなければならないが、そこまでする人はそう多くないだろう。

Appleのシステムを偽物業者が勝手にいじることは出来ないので、これは実際に交換された誰かの製品のナンバーを使いまわしていることになる。
黒でも白でもない、グレーな結果が出るようにしているあたり、かなりずる賢い。

左)偽物 – 本物(右

次に、裏面はこんな感じだ。
印刷品質に関してはどちらも同じで、正直見分けは付かなかった。

唯一、微妙に違っているのは箱のサイズ感だ。偽物の方が少し小さい。
隙間も空いている気がするが、譲り受けるまでの間に曲がってしまった可能性もあるためわからない。

説明書は判別材料になりうるか?

説明書は偽物にもちゃんと付属している。

そしてこちらが本物の説明書。

これだけ見ると正直分からない。
紙の質は本物の方が薄く、上質な感じがした。
肉眼では分かりづらいため、拡大した比較も作成してみた。

左)偽物 – 本物(右

偽物は一般的なカラーレーザープリンターで印刷したような画質だが、本物はドットが均一で、画質も綺麗だ。

並行輸入品だからといって、Apple の製造品質がここまで極端に変わることはないため、説明書などの印刷品質をよく見ると判別出来るかもしれない。

本体もパッと見ではわからないレベル

左)偽物 – 本物(右

続いて本体を見てみよう。
トレーの材質が、プラスチックと紙とで異なっている。

本体の裏面にはどちらも刻印があるが、偽物の方がフォントが少し縦長だった。

左)偽物 – 本物(右

Designed by Apple ~…の表記はどちらも同じである。
開いてみると、本物そっくりで驚いた。

偽物

ちゃんとLEDランプも点灯する。
バッテリーの持ちも案外悪くなく、2週間放置していても開閉すればランプがつく。

本物

本物はLEDランプが若干ではあるが色味が抑えられており、高級感がある。

続いて蓋の裏側を見てみよう。
ここには刻印があり、判別するポイントとして最適だ。

左)偽物 – 本物(右

並行輸入品(のコピー)であるがゆえ、国内版との表記の違いはあるが、それでも刻印の品質がかなり異なる。
偽物は、少し縦に伸びてしまっており、さらにモデルナンバーが架空のものになっている。
偽物は「A219008」で、本物は「A2190」と、分かりやすい。
偽物業者の印字ミスか、偽物であることを仲間内で識別するためなのか、あえてこういった表記にしているのかもしれない。
どちらにしても、歪んでいたり、伸びていたりすれば非常に怪しい。

また、2019年2月1日から「電気用品安全法」に基づく規制によって、国内正規版であれば必ずPSEマークがある。
イヤホンの充電ケースがモバイルバッテリー※1と同列の扱いとなり、表記がなければ国内で AirPods Pro を販売することはできない※2
PSEマークの下部に「Apple Japan」のように、ちゃんと企業名が入っているかどうかも確認しておきたい。
もし企業名が入っていなければ偽物である。

※1 モバイルバッテリーに関するFAQ – 電気用品安全法(METI/経済産業省)
https://www.meti.go.jp/policy/consumer/seian/denan/mlb_faq.html

※2 ポータブルリチウムイオン蓄電池(モバイルバッテリー)が電気用品安全法の規制対象となります(METI/経済産業省)
https://www.meti.go.jp/press/2017/02/20180201001/20180201001.html

お次は AirPods Pro イヤホン本体だ。
下の画像は本物の AirPods Pro だが、実はどちらかが偽物である。

片方が本物で、もう片方は偽物。

正解は、左のイヤホンが偽物で、右が本物だ。
どっちがどっちか分からなくなるほど、全体的なディティールは精巧に作られていることが分かる。
正規の工場から、成型用の金型が盗まれたんじゃないかと心配になるレベルだ。

両方偽物

こちらが両方偽物の写真。
サムネイルだと全く区別がつかないレベルだ。
この写真だけ見せられて偽物か本物かクイズを出されても、難しいのではないかと思う。
正直この記事を書いている最中にもどっちがどの写真なのか分からなくなりそうだった。
唯一違うのは、イヤーピース部分に少しバリが残っているぐらいだ。

しかし、裏側の刻印はと言うと・・。

左)偽物 – 本物(右

この偽物では、フォント、行数、刻印品質すべてが異なっていた。
フォントが縦長で、端の方が伸びてしまっている。
こういう立体的で曲がった部分へ均一に刻印するのは難しいのだろう。
ちなみに本物と同じく2行で、刻印ももう少し綺麗なタイプの偽物も普通に流通しているので要注意だ。

この刻印は、海外版と国内版の刻印は同じデザインになっている。
正規のモデルナンバーは「A2084」で、シリアルナンバーの方はバッテリーケースとイヤホンとで別々のものが使われている。

被害にあわないために!

  1. Apple Store や大手家電量販店などから購入する
  2. 並行輸入品ではなく国内正規品を購入する
  3. 購入前にシリアルナンバーを確認する

などの対策を行うのが一番確実だ。
安く買うことは難しくなるが、リスクを最小限に抑えることが出来る。
高度な偽物も出回っており、外見などで判別するのは困難だ。
外箱だけで判別できない場合、実際に開封してみなければならないが、一度開封すると、場合によっては返品できなくなったり、販売者とのトラブルの原因にもなるので、避けたいところだ。
ネット上の取引となれば、購入前に現物を見ることが出来ないので、なおさらリスクが高まる。

そして逆に売る側も注意が必要だ。
ちゃんとした正規品を発送しても、相手先に届いた後「やっぱり返品したい」と言われて戻ってきた商品が偽物とすり替えられるといったケースも実際に起こっている。
不要なトラブルに遭わないためにも、Apple 公式サイト、Apple Store、大手家電量販店などからの購入を強くお勧めしたい。