WindowsのVMware Player上でmacOS Mojaveの夢を見る

情報が古くなっている場合があります。
thumbnail

macOS Mojave を夢の中で動かしてしまおうという試みです。

もちろん夢なので全てが自己責任となりますのでご了承ください。

必須動作環境と必要なもの

・Windows PC

・Intel製のCPU で、VT に対応の物(macで使われているCPUと同じものだとより安心です。)

・VMware WorkStation 15 Player(ダウンロード

・Unlocker(ダウンロード

・macOS導入済みの仮想マシン、もしくはインストールイメージ(後述)

事前準備

最初にHigh Sierra や Snow Leopard、El Capitan  などの、ベースとなるOSを用意する必要があります。

インストールイメージの入手方法については過去記事をご覧ください。

今更Windows上のVirtualBoxで「Snow Leopard」を動かす夢が見たい

WindowsでOS X El capitanのインストール用ISOを作成する方法

基本的にはSnow Leopardなどの市販されているメディアを入手して、アップデートしていくことになります。

この記事では、

  1. Virtual boxにSnow Leopradをインストール
  2. El capitanをAppStoreからダウンロード&iso作成
  3. Vmware Playerで El Capitanの仮想マシンを作成
  4. App StoreからMojaveをダウンロード&インストール

という手順で行います。

基本的にApp StoreがEl Capitanを配布している間は使える方法です。お早めにどうぞ。

macの実機をお持ちの方は、実機からイメージを入手できることがあります。(ここでは割愛します)

Virtual boxにSnow Leopradをインストール

この記事(今更Windows上のVirtualBoxで「Snow Leopard」を動かす夢が見たい)を参考に、Snow Leopardの仮想マシンを作成してください。

必ずVirtualBox上で作成してください。VMwarePlayerだと、バージョンエラーが出てインストールできません。

記事の通りインストールが完了したら、アップデートがなくなるまで、Snow Leopardのソフトウェア・アップデートを行ってください。

El capitanをAppStoreからダウンロード&iso作成

アップデート済みのSnow Leopardの仮想マシンが出来たら、App StoreからEl Capitanをダウンロードしてください。

検索しただけではヒットしないので、このページから(アップル公式)El Capitanのダウンロードページを開いてください。

iso化の方法など、詳しくはこの記事(WindowsでOS X El capitanのインストール用ISOを作成する方法)を参考にしてください

Vmware PlayerをUnlockerを使用してアンロック

El Capitanのisoが作成できたら、VirtualBoxの出番はここで終了です。次はVMware Playerを使います。

Vmware Workstation Player 15をインストール後、ダウンロードしたUnlockerを使ってmacOSに対応させます。

ファイルを解凍したら、win-install.cmdを実行してください。コマンドプロンプトが開いて処理が始まるので、消えるまでそのまま待ちます。

インストール後、新規仮想マシンの作成画面で macOS 10.14 が選択できるようになっていればOKです。

Vmware Playerで El Capitanの仮想マシンを作成

新規仮想マシンの作成画面で、「macOS 10.14」を選択します。

El Capitanは10.14ではありませんが、問題ありません。

次に、ディスクを作成する画面で「仮想ディスクを単一ファイルとして格納」を選択します。

容量は多少多めに128GB以上あれば問題ないでしょう。ホストPCに余裕があれば適宜増やしてください。

設定は特に変える必要はありませんが、お好みでメモリとコア数を変えることもできます。

ホストマシンのメモリが8GBなら、4GB~ぐらいが丁度いいかもしれません。

続いて、CDドライブに El Capitan のisoイメージを指定します。

起動してみて問題がなければ林檎マークが出ます。

読み込みが終わると、ようこそ画面が開きます。

言語を選択して次へをクリックします。

インストールの前に、HDDをフォーマットする必要があるので、一度メニューバーから「ユーティリティ」→「ディスクユーティリティ」を開きます。

HDDドライブ(VMware Virtual SATA…)を選択して、OS X拡張(ジャーナリング)でフォーマットします。

フォーマットが出来たらディスクユーティリティを終了します。

その後、インストール画面で先程フォーマットしたドライブを選択し、インストールを開始します。

インストール後、無事に起動できればEl Capitanのインストールはこれで完了です。

App StoreからMojaveをダウンロード&インストール

El Capitanの仮想マシンが作成できたら、次は最新OSのMojaveにアップグレードします。

App Storeからダウンロードしてそのままアップグレードすることが出来ます。

Mojaveのダウンロードページを開いてダウンロードします。

後は、インストーラーに従ってインストールを行ってください。

インストールは非常に長いので気長に待ちましょう。

インストールが無事に完了したら、Mojaveの仮想マシンが完成です。

お疲れ様でした。

Vmware Toolsをインストールする

そのままでも使用できますが、VMware Toolsをインストールすると解像度の変更などを行えるようになります。

Unlocker の tools フォルダに入っている darwin.isoを仮想マシンのCDドライブに設定します。

Pre15の方ではないので注意!

あとはウィザードに従ってインストールを行います。

途中でmacOSによって拡張機能がブロックされてしまうので、「”セキュリティ”環境設定を開く」をクリック。

環境設定が開いたら、開発元”VMware, Inc.”のシステムソフトウェアの読み込みがブロックされました。の隣りにある「許可」ボタンをクリックします。

面倒ですが、一度macOSを再起動してもう一度VMware Toolsをインストールしてください。

無事インストールできていれば、ウィンドウサイズを変えると解像度が変わるようになります。

以上でMojaveの全てのインストールは終了です。

あとはお好きなアプリを入れて使ってみてください。