WindowsでOS X El capitanのインストール用ISOを作成する方法

情報が古くなっている場合があります。
thumbnail

今回は少し前のmacOS「El Capitan」のISOイメージを作成する方法を解説します。

作成には、すでにmacOSが動く仮想マシンが必要になります。

macOS導入済みの仮想マシンを用意する

macOSが動く仮想マシンをお持ちでない方は、

今更Windows上のVirtualBoxで「Snow Leopard」を動かす夢が見たい – Claypier

などの方法で作成する事が出来ます。

今回は上記の記事と同じSnow Leopardが動くマシンを使います。

AppStoreからEl Capitanをダウンロードする

こちらのリンク(AppStore)を使って、AppStoreのEl Capitanのダウンロードページにジャンプします。

ページが開いたら、「入手」の部分をクリックしてください。

事前に、ソフトウェア・アップデートを行っておいてください。

(入手ボタンが反応しなくなることがあります。)

ダウンロードが開始されるので、終わるまでしばらく待ちます。

ダウンロードしたインストーラーからISOを作成する

El Capitanのダウンロードが完了すると、インストール画面が自動で開きますが、閉じるか無視してください。

ターミナルを開き下記コマンドを上から順番に入力していきます。

hdiutil attach “/Applications/Install OS X El Capitan.app/Contents/SharedSupport/InstallESD.dmg” -noverify -nobrowse -mountpoint /Volumes/esd
hdiutil create -o ElCapitan3.cdr -size 7316m -layout SPUD -fs HFS+J
hdiutil attach ElCapitan3.cdr.dmg -noverify -nobrowse -mountpoint /Volumes/iso
asr restore -source /Volumes/esd/BaseSystem.dmg -target /Volumes/iso -noprompt -noverify -erase
rm /Volumes/OS\ X\ Base\ System/System/Installation/Packages
cp -rp /Volumes/esd/Packages /Volumes/OS\ X\ Base\ System/System/Installation
cp -rp /Volumes/esd/BaseSystem.chunklist /Volumes/OS\ X\ Base\ System/
cp -rp /Volumes/esd/BaseSystem.dmg /Volumes/OS\ X\ Base\ System/
hdiutil detach /Volumes/esd
hdiutil detach /Volumes/OS\ X\ Base\ System
hdiutil convert ElCapitan3.cdr.dmg -format UDTO -o ElCapitan3.iso

参照元:Creating a bootable El Capitan ISO image

最後に、「ElCapitan3.iso.cdr」というファイルが出来上がるのでElCapitan3.isoにリネームしてisoファイルの完成です。

ファイルはホストPCにネットワーク経由※1で送るか、USBメモリなどにコピーして取り出します。

※1 ホストPCで「詳細な共有」でフォルダーをフルアクセスで共有した後、VirtualBoxのネットワーク設定を「内部ネットワーク」にして、Finderからサーバーに接続してください。

アドレス例:smb://Host-PC/