【荒野行動】新しい日本マップ「東京決戦」を散策してみた

情報が古くなっている場合があります。
thumbnail

(C) NetEase, Inc.

荒野行動で新しい「日本決戦」ステージが先行体験出来るようになったので、早速遊んでみました。

プレイには、「設定」から拡張パックをダウンロードする必要があります。

今回はPC版とスマホ版の両方でプレイしました。

(C) NetEase, Inc.

降下中のマップ全体像。

(C) NetEase, Inc.

マップには銀座や新宿エリアなどの都市部と、千代田区のような自然の多いエリアがそれぞれ存在します。

地図を開いてみると、こんな感じ。

(C) NetEase, Inc.

実際の日本地図っぽいですが、東京駅がかなり東に寄っていたり、少しゲーム用に調整されている模様。

マップ西にある野球場はなんなんだろう・・?と思ってGoogle Mapを見ると、どうやら「和田堀公園野球場」のようでした。

「電波塔」もとい東京タワーも降下中に見ることができます。

(C) NetEase, Inc.

電波塔はマップ端にあるので、見に行こう!と思って見に行かないとなかなか行く機会がないかも。

近くに行ってみるとこんな感じ。

(C) NetEase, Inc.

近くに来ると結構でかいです。

タワーの1F部分は入ることが出来ます。

続いて都心駅(東京駅)を上空から見たところ。

(C) NetEase, Inc.

割と駅舎が作り込まれています。

どこかで見たような電車。

(C) NetEase, Inc.

車内に乗ることもできます。

(C) NetEase, Inc.

改札も割とそれっぽい。

(C) NetEase, Inc.

なぜか券売機は日本っぽくない感じに。

(C) NetEase, Inc.

どちらかといえば台湾らへん?っぽい形ですね。

続いて渋谷。

(C) NetEase, Inc.

なんかどこかで見たような気がする看板がいっぱいあります。

続いてこちらは新宿。

(C) NetEase, Inc.

免税店と書いてある建物は、ドン・キホーテ新宿歌舞伎町店がモデルのよう。

看板が多いとアジア感を感じますね。

(C) NetEase, Inc.

ちなみによく見ると通貨単位が「元」だったり、英語の「語」が簡体字だったりするので、微妙に中国感が漂っていますが、細かいところを見なければ雰囲気は日本そっくり。

ちなみに、歌舞伎町でおなじみのゲートもちゃっかりあります。(スクショ左側)

港近くのエリアには、しっかりレインボーブリッジもあります。

(C) NetEase, Inc.

商店街らへんには、和風の古民家が。

(C) NetEase, Inc.

アプリのダウンロードは公式サイト、またはAppStoreGoogle Playからダウンロードできます。

※先行テスト版のようなので、このページのマップや内容は今後変更されるかもしれません。