【Apple】純正LANアダプター と 安いアダプターに違いはあるのか検証してみた

thumbnail

Appleの純正品と言えば値段が高いイメージがありますが、高いだけあって性能も良いのでしょうか。
今回は Apple の純正LANアダプターと、安いLANアダプターの速度を比較してみました。

Apple 純正のLANアダプターは、Thunderbolt接続のこちらの製品を使用します。

一方、安いLANアダプターの方は、USB3.0接続の「Plugable USB 3.0 ギガビット対応イーサネット・アダプタ」を使用。

以上の二つで比較検証してみました。

計測環境

検証端末Macbook Pro 13インチ (Early 2015, Core i5, 8GB RAM, High Sierra)
ネット回線EO光 ホームタイプ 1G
実施地域近畿地方

速度を検証してみた

Macbook Pro に接続すると、どちらもすぐに使用する事が出来ます。
構成は下記の通り。

まずは純正アダプターで速度を計測してみました。

続いて、安い方のアダプターで計測してみた結果がこちら。

若干安い方が速い気もしますが、これぐらいであれば誤差の範囲内と言えます。
速度的にはどちらも変わらないという事が分かりました。


※検証は動画でもご覧いただけます。

(動画内の値段は動画作成当時の参考価格です。)

どちらも速度は変わらなかった

今回の検証においては、速度の面において純正の方が有利になることはありませんでした。

速度以外の耐久性や安定性の違いに関しては不明ですが、今回検証に使用した安いLANアダプターの方はすでに2年以上、他のPC や Nintendo Switch などで問題なく使用できているので、安いからと言って品質が低いわけではなさそうです。

USB接続なので汎用性も高く、そう言った意味では純正より有利なのかもしれません。
しかし純正品の優位性として、「対象製品での動作が保障されている」「ある程度品質が保証される」などのメリットはあるので、購入の際にはその点もぜひ参考にしてみてください。