Amazon の「置き配」とはなんぞや?宅配ボックス不要で再配達防止

thumbnail

Amazon が配達する商品に「置き配」と呼ばれる配達方法があるのですが、これはその名の通り、玄関先などの場所に配送業者が荷物を置いて配達する方法です。

宅配ボックスが無くても不在中に荷物を受けとることが出来るので、再配達の手間が無くなるというメリットがあります。

置き場所は指定出来る

置き配は、発送が「Amazon」の場合に選択出来ます。
置き配指定や置き場所は配達中でも変更が可能でした。

「そろそろ荷物が来そうだけどお風呂行きたいな~」という時、置き配にしておけば受け取らずに済むのでかなり便利です。

置き場所として玄関やガスメーター、自転車のカゴなどの様々な場所を指定出来ます。
マンションの場合は受付の方に受け渡しも出来るようです。

1回だけ置き配にしたい場合は、「次回以降の注文もこの場所ヘの置き配を希望する」にチェックが入っていると、次回からも同じように置かれてしまうので、忘れずにチェックを外しておきましょう。

配達完了はメールでお知らせ

配達が完了すると、登録しているメールアドレス宛に、写真付きの配達完了メールが送られてきます。

写真はイメージです。

玄関先に指定した場合はドアの横に配置されるようです。
ドア付近のスペースが少ないときは、ドアを開けるときに荷物が「ズザザザー」となることもあるので注意。

自転車のカゴを指定した場合はこんな感じ。

写真はイメージです。

大きさによっては斜めに入るようです。

もし配達時に写真を撮られるのが嫌な場合には、撮影しないようにする設定もあります。

写真はイメージです。

状況によっては良いサービスかも

外から見えてしまうため、盗難のリスクがあったり、天候による不安、特に女性の1人暮らしの場合はこれから帰宅することがバレてしまうこと等、課題は多いと感じますが、再配達になってしまうとドライバーの方にも申し訳なくなってしまいますし、電話で再配達の依頼をするのも地味に面倒なので短時間の外出時や、ちょっと手がはなせない状況では役に立つサービスだと思います。