時刻を同期するNTPdをCentOS7にインストールする

情報が古くなっている場合があります。
thumbnail

サーバーの時刻を正確に同期するためにNTPdを導入する場合の手順です。

CentOS7.5で動作確認できました。

 

インストール・設定手順

yumでインストールします。

# yum install ntp

インストールが完了したら、続いてNTPdの設定を書き換えます。

# vi /etc/ntp.conf
#server 0.centos.pool.ntp.org iburst
#server 1.centos.pool.ntp.org iburst
#server 2.centos.pool.ntp.org iburst
#server 3.centos.pool.ntp.org iburst
pool ntp.jst.mfeed.ad.jp iburst

当該箇所を上記のように変更してください。

 

次にNTPdを起動して、タイムゾーンを日本に変更します。

# systemctl start ntpd
# timedatectl set-timezone Asia/Tokyo
# timedatectl
      Local time: Mon 2018-10-08 13:05:29 JST
  Universal time: Mon 2018-10-08 04:05:29 UTC
        RTC time: Mon 2018-10-08 04:05:27
       Time zone: Asia/Tokyo (JST, +0900)
     NTP enabled: yes
NTP synchronized: yes
 RTC in local TZ: no
      DST active: n/a

Time zone が Asia/Tokyo になっていることを確認します。

 

最後に、OS起動時のNTPdの自動起動を有効にして完了です。

# systemctl enable ntpd.service