画面が割れたiPhoneを修理するならAppleの正規修理がおすすめな理由

thumbnail

iPhone を使っている人で、画面が割れたまま使っている人も多いのではないでしょうか。
修理するにも、修理中スマホなしでは生活できない、料金が高いなど様々な理由で修理に踏み切れない方って多いと思います。

今回は「正規の修理」と「非正規の修理」の違いについてご紹介します。

iPhone が割れた!修理料金は?

Apple のディスプレイ交換費用は、保証に入っていない場合2~3万円前後ぐらいかかってしまい、最新機種であるほど修理料金は高額になっていきます。(Apple 公式
さらに、画面以外の故障個所が見つかった場合、iPhone 11 を例に挙げると、場合によっては6万円以上の高額な修理費用がかかってしまう可能性があります。(Apple 公式

Apple Care などの保証に加入していれば、かなり安く修理出来ますが、加入していなければ大きな出費となることは間違いありません。

非正規店とは?

「Apple」と、Apple認定の「正規サービスプロバイダ」以外は全て「非正規店」となり、Apple 公式の修理店とは異なります。
街の修理屋さんと呼ばれている iPhone の修理業者は、殆どが非正規店です。

正規サービスプロバイダとは、Appleが認めた正規の修理業者のことで、日本ではクイックガレージビックカメラカメラのキタムラなどの一部の業者に限られています。
修理費用は Apple で行った場合と同じで、特別安いということはありません。
一方で、非正規店での修理は比較的安いことが多く、費用を抑えつつ修理が可能となっています。

正規と非正規の修理の違いは?

Apple は純正の交換部品を、正規サービスプロバイダにしか提供していません。
そのため、非正規店で交換される部品は、すべて何処かの工場で製造された互換品、もしくは中古品の純正パーツを再生利用したものになります。
互換品の中には、純正品とほぼ同等の品質を備えたパーツもありますが、あくまでもそっくりな別物であるため、必ずしも故障前と同じ状態に戻るわけではないということ覚えておきましょう。

特にディスプレイは、互換品の場合だとタッチパネルの感度が悪く、キーボードが打ちづらかったり、明るさを最大まで上げても少し暗かったり、色味が青みがかって見えるものがあったり、ドット抜けが多かったりと純正品に比べると質が劣ることが多いです。

また、ホームボタンを修理した場合には、 Touch ID が使用できなくなる可能性があるため、これも注意が必要です。

また、正規の修理であればスタッフの修理技術はある程度保証されていますが、非正規店の場合はそれぞれのお店ごとに修理の技術力が異なります。
どの修理店が一番満足のいく修理をしてくれるかは依頼するまで分からないので、事前にレビューなどをよく確認しておいた方が良いでしょう。

ひどい修理店では、画面の右端が3mmほど映らない状態で受け渡しされたり、交換パーツの塗装剥がれがあったり、ドット抜けが6点以上あったり、バイブレーションの音が修理前と異なるといった不具合が起こる可能性があります。※実体験
(ひどい場合には修理店が保証してくれることがあるので事前に契約内容をよく確かめておきましょう)

非正規に修理すると正規の修理が受けられなくなる可能性がある

一度でも非正規店で修理してしまうと、その時点で今後、保証期間内であっても Apple による正規の修理が受けられなくなる可能性があります。
これは、非正規店で修理する際の契約書にも記載されています。

今後 Apple で修理するかもしれない場合には注意が必要です。

非正規に修理すると中古で売りづらくなる

修理した後に中古ショップへの売却を考えている場合、非正規店での修理歴がある場合にはショップによっては買取不可となってしまう場合があります。
その場合はオークションサイトなどで売却が可能ですが、落札金額は比較的安くなる傾向にあるようです。

やっぱり正規の修理が一番おすすめ

「安くても不具合が出る可能性が高い」というリスクを取るぐらいなら、最初から高くても正規修理した方が確実に良い結果が得られます。
非正規店は修理料金が安いのでお財布には優しいですが、「部品の質」「修理の技術力」「中古での売却」のことを考えるとあまりお勧めできません。

また、Amazon などで販売されている部品を購入し、自分で修理するという方法もありますが、総務省の「登録修理業者制度」に登録されていない方が修理した場合には、iPhoneの「技適マーク」が無効となり、その後 Wi-Fi などの電波を使用してしまうと、電波法違反となるためこちらもお勧めできません。

少し高いですが、Apple Care に加入しておくと、修理料金を安く出来るのと、気持ちの面で余裕が出来るので余裕があれば入っておきたいですね。
特に、最新の iPhone 11 Pro は、約12万円もする高級機なので落として割ってしまったら大変なことになってしまいます。
(筆者はよく物を落とすので、2台の iPhone と iPad Pro に Apple Care を付けています…。)