Syncwire の Lightningケーブルが壊れてしまったので生涯保証を利用してみた

thumbnail

2016年に購入した Syncwire製の Lightning ケーブルが壊れてしまいまいました。

購入した時の明細を見てみると「生涯保証」との記述があったので、3年ほど経った今でも保証が使えるのかサポートに問い合わせてみることにしました。

注意:現在では、最大で36カ月保証に変更となっています。

サポートに問い合わせてみた

サポートへの問い合わせは、Amazon のサイトか、サポートのメールアドレスから行えます。

早速、「保証を利用することは出来ますか?」との旨のメッセージを送信したところ、すぐに返信があり保証サービスを利用するために必要な情報を送ってほしいとのこと。

壊れてしまったケーブルの写真を添付し、必要な情報を記入して送信します。

送信して待っていると、「2-4営業日以内に商品が到着します。」との返信がありました。

新しいケーブルが到着!

そして待つこと2日、商品が到着しました。

いつもの Amazon の封筒で届きました。

配送は Amazon が行っている模様。

こちらが新しい Lightning ケーブル。
3年前に購入したものと同じものです。

まだまだ主力の USB-Type A のものです。

ちなみに Type C 版も発売されているので、Macbook ユーザーの方にもおすすめ。

Appleの MFi 認証付きで、品質もしっかりしているので Apple の純正ケーブルを買うなら、こちらを買って使い倒した方が良さげ。

中身はこんな感じになっています。

説明書によると、現在では保証は最大36カ月までに変更されたようです。
登録しないと1年までなので、新しく購入した時は忘れずに登録しておきましょう。

こちらが新しいケーブル本体です。
このシリーズはナイロン編みで耐久性がとても高く、3年間の使用でも断線しませんでした。

壊れてしまったケーブルとの比較。
こうしてみると、古い方は出先などで毎日酷使したためくたびれてしまって見えますね。

もちろんパソコンとのデータ通信も問題なく行えます。

3年保証で安心して使い倒せる

今回使用した生涯保証はすでに終了してしまっていましたが、現在でも最大で3年間の保証が付いているので、旅行や出張などで毎日使用しても安心して使い倒すことが出来ます。

サポートもしっかりしており、価格も純正ケーブルと比べて安く購入できるので、おすすめ出来るケーブルです。